2009年08月08日

襤褸(らんる)なワンピース

Cam_6057.jpg

⤴A jumper dress made with old fragments "Ranru"


Cam_6056.jpg


襤褸(らんる)とはいわゆるボロのこと。


昔はどんなに小さなはぎれでも大切にして


それをつぎはぎにした「糞雑衣」(ふんぞうえ)


というものまであったといいます。


Cam_6068.jpg


Cam_6067.jpg



今日骨董市などでしばしば見かけるつぎはぎだらけの


風呂敷や着物。。。


それらの「らんる」はけっこうな高値で


取引されているようです。


そんな現象を見るにつけ昔の人の布に対する思い入れや


着るものに対する取り扱い方の現代人との違いに驚き


愕然とします。


つぎをあてて、さらにその上から刺し子をしたものもあります。


そんな布を見ているうちに、今まで作品づくりで生まれた


裁ち落としの布やら、細かいはぎれなど


とても捨てるに忍びなく、たんねんに繋ぎ合わせているうちに


できた作品がこれです。




長い年月で色あせた部分、擦り切れたところや


折り跡などもそのままデザインとして活かしました。


Cam_6066.jpg

Cam_6059.jpg


パネル布を後ろでボタン止めするとまた違う雰囲気に。

Cam_6063.jpg


Cam_6060.jpg


....................................

いつもお読みいただきありがとうございます。

*古布リメイク作品はショップ布舞でお譲りもしています。

売約済みの場合には何卒お許し下さいませ。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日もおかげ様でがんばれます。

m(__)m




↓こちらでは小物作品や生活日記のブログを書いております。

My diary and tiny handmade works:

乙女小箱.gif



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・








posted by mie at 22:16| Comment(0) | 藍の服 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。