2011年06月27日

柿渋染めのチュニック

a446.jpg


夏の声を聞くと真っ先にやりたくなるのが柿渋染め。。。


抗菌防臭効果もあり古布に特有の味わいをプラスしてくれます。


太陽の光に何日もさらします。 光は強いほどいいのです。


ときには雨がふってもわざとそのままにしておきます。


そして水洗いしてまた染める、を繰り返します。


何日も ときには何ヶ月もかかる作業。。。


こうして染まった布でできたのがこのチュニック


It's almost summer and it's time for dyeing with

persimmon tannin (kakishibu).

With strong antiseptic and astringent effects it makes

old fabrics stronger and refreshing taste.

This will be really good materials for making summer wear!


1b57.jpg

後ろ身頃


This tunic dress was made from old samurai crest flag

(kamon)which was dyed with persimmon tannin and after being left

under strong sunshine for many days, the fabric will get a

nice brownish shade.


1d63.jpg

衿は思い切り大きく


紐を引くとまた雰囲気が変わります。


1d2a.jpg

紐先につけたのはアフリカ「ドゴン族」のビーズ


The nice blue beads at the collar strings are from my collection

box, which were made by 17~18th century's african tribe "Dogon".


瑠璃色がなんとも言えない


17〜8世紀のもの。


なんとなんと和布にぴったりとは。


そういえばこのチュニック自体


古い家紋の幟旗と絞り染めの布なのに


どこか地中海っぽい!


どこまでものけぞるような青い空のもと


ギリシャかトルコだかの


白い海岸を散歩したくなりました。。。


....................................

いつもお読みいただきありがとうございます。

*古布リメイク作品はショップ布舞でお譲りもしています。

売約済みの場合には何卒お許し下さいませ。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日もおかげ様でがんばれます。

m(__)m



↓こちらでは小物作品や生活日記のブログを書いております。

My diary and tiny handmade works:

乙女小箱.gif


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・










posted by mie at 11:27| Comment(0) | 柿渋染めの服 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。