2014年10月04日

大島紬の服その2

今日は藍大島について少し。


大島紬の中でも藍大島の服は一年中着用はできますが、


なんとなくすっきり、しゃっきりとしていて


爽やかな秋空にひときわ似合うと思うのは私だけでしょうか。


まだ夏の暑さの名残りの中にふと感じる秋の気配。。。


そんな折に手を通したい一枚。

0902153402343.jpg

ドレープをたっぷり入れたワンピースです。


0902154005752.jpg

衿は一見シンプルなボーカラーですが

例によってちょっといたずらしてみました。


09021538520.jpg

こんな風に結び方で色々変化します。

ひと結びすると薔薇のブローチをつけたようにも。。。

こんな工夫をするのが大好きです。


0822112002561.jpg

こちらは贅沢な藍大島づくしのパッチワークスカート。

味のある結城紬とコラボしてみました。


0822112232199.jpg

せっせと色々はぎましたよ〜


0822112153274.jpg

ポイントはこれ。

17〜18世紀のガラスビーズです。


裾とわきにあしらってみました。


深い藍色が藍大島と実に合います。


このスカートも一生ものですね。


0902152446281.jpg

こちらは大輪の花柄がどことなくオリエンタルなジャケット。


0902152907867.jpg

さっとはおるだけでサマになるのは布の力でしょうか。

上品でいて、実に小粋です。


0902153011962.jpg

シンプルな味わいのチュニックです。

丈はヒップがかくれる微妙なバランスに。


0902153318716.jpg

流線型の可愛いフラップをポイントにつけました。

実はこれ肩部分をカットした時に出た端布なんです。

捨てるにはしのびないのでデザインに活かしました。


リメイクって本当にやりがいがありますね。


それではまた。


....................................

いつもお読みいただきありがとうございます。

*古布リメイク作品はショップ布舞でお譲りもしています。

売約済みの場合には何卒お許し下さいませ。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日もおかげ様でがんばれます。

m(__)m



↓こちらでは小物作品や生活日記のブログを書いております。

My diary and tiny handmade works:

乙女小箱.gif


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・






posted by mie at 08:28| Comment(0) | 絹の服 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。