2018年09月04日

牛若丸と弁慶のワンピース

CIMG7103.JPG

牛若と弁慶の平絹を藍大島に合わせてみました〜♪
Indigo dyed silk and fabric with printed old samurai hero 
patched together and have put some sashiko.


毎日せっせと作るのに精いっぱいでなかなかブログまで

手が回らず申し訳ありません。


最近はオークションにも出品させていただいておりますので

梱包や発送も増え、着物をといて、洗って、アイロンをかけて

夜寝る間際までデザイン画を描いたりして、まさに古布三昧の

日々を送っております。


おかげさまでお客様から嬉しいお声をいただけて

大好きな仕事ができ、本当にこれ以上幸せな事はありません。


私がこんな素晴らしいライフワークを得たのは、そもそも

明治生まれの祖母のおかげでした。


私はお婆ちゃん子で、母親が商売で忙しかったので、いつも

葛飾のおばあちゃんの家に入り浸ってはお針を習ったり

思い切り甘えたりしていました。そんな折。。。


おばあちゃんがだいじにだいじにとっておいた昔のはぎれや

私たちが幼い頃に着た着物の布をある日私に「はいよ!」

ってくれたのです。あれからすでに半世紀をとうに超えました。


あの時のワクワク感は決して忘れられません。

時を経た布というものをはじめて見た瞬間でした。


そして大人になって80年代に入り、ふたたび「古布」

という世界がある事を知りました。


その時にHさんというカリスマ性のある、古布好きな方と出会い

まだ古布で作ったものがめずらしい時代でしたが、意気投合して

お互い切磋琢磨しながら作品作りに励みました。


それ以来不思議なご縁にひかれるまま、美しいと思った布を

次々とコレクションしてきました。


そして本業のかたわら、見よう見まねでたくさんの作品を

作ってきましたが。。。入るほうより出るほうが多いので

お金は溜まりませんでしたが、たくさんの事を学びました。


大好きな布を最大限に生かしたものがいつも作れるとは限りません。

失敗も数多くあります。


そんな中で今日ご紹介するこのワンピースは布の持ち味が

充分に活かせた作品になったと自負しています。


自己主張の強くない藍大島の二種、そのままでは面白くありませんが、

このレトロな子供着物からとった弁慶と牛若丸の平絹と一緒にしたら

まるで魔法をかけたように双方が生き生きとしてきました。


嬉しくなって弁慶と牛若丸に丁寧に刺し子をしました。

こうしないとアップリケがずれこんでしまうからです。

数多い失敗を嫌というほど経験して取得した智慧です(笑)


CIMG7091.JPG
牛若の扇を投げられ、たじたじの弁慶。

布をいたわるように刺しました。絹ですから糸も絹を使っています。

ところで。。。弁慶と言えば七つ道具ですね。

CIMG7092.JPG
それでポケットにはその七つ道具もアップリケしてみました。

ちなみにこちら↓私の道具の一部です。

CIMG7107.JPG
七つ道具というより無数のものがごちゃごちゃと。。。なぜか金づちが(笑)


CIMG7095.JPG
背中には牛若が弁慶に扇を投げつけた瞬間が描かれています。

羽織紐も効果的に良い雰囲気を添えました。

CIMG7090.JPG

時の修羅場をくぐりぬけてきた布たちを生かせた時って

最高の気分ですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日もおかげ様でがんばれます。
m(__)m

ブログでご紹介の作品は布舞で販売しております。
売約済みの際はご了承下さいませ。

オークションにも時々出品中です。
こちらからどうぞ。


↓こちらでは小物作品や生活日記のブログを書いております。
My diary and tiny handmade works:
乙女小箱.gif




posted by mie at 10:03| Comment(0) | 絹の服 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月02日

古布リメイク「藍大島と山水画」

CIMG4347.JPG

ポイントに山水画の布をあしらった藍大島ワンピです♪


日差しが春めいてくると藍大島の季節です。


しゃっきりとした男ものと女物のそれぞれを

片身代わりに仕立てました。


前見ごろと後ろにつけたのは、ずっと大事に

とっておいた山水画の羽二重です。


広重風?の味わいある布なのでもしや?

と思い藍大島に合わせたらぴったりでした。


これがあると無いでは大違い(笑)
CIMG4357.JPG

とてもシンプルですが、重要なポイントです。

実はこのワンピース単純なようで奥が深いのです。


CIMG4354.JPG

ポケットの形へのこだわりと・・・

CIMG4358.JPG

単調にならないよう後ろに入れたタック。

衿は二通りにアレンジ可能。


ね〜?奥が深いでしょ?

それから企業秘密の(笑)肩のカット

これがクセモノです。


流線形にカットしているので肩や腕が

とても綺麗に見えるんです。


こんな工夫をするのが楽しいんですね。


これ一枚で着てもよし、ジャンパードレス風や

レギンスやパンツでさっそうと歩くもよし、

まだ寒い時期にはコート下に一枚重ねると

軽くてとても暖か。


着心地も抜群で大好きなワンピです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブログでご紹介の作品は布舞で販売しております。
売約済みの際はご了承下さいませ。


今日もおかげ様でがんばれます。

m(__)m


↓こちらでは小物作品や生活日記のブログを書いております。

My diary and tiny handmade works:

乙女小箱.gif

posted by mie at 10:01| Comment(0) | 絹の服 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月13日

泥大島をつなげてつなげて。。。

CIMG4206.JPG

泥大島つむぎのいいのが沢山集まりましたので、必死にはぎました〜。


CIMG4205.JPG

せっせ、せっせ。。。好きじゃないとできませんね〜(笑)

長くお召しいただきたいので縫い代は丁寧に始末します。


これでもちが大分違ってきます。

CIMG4241.JPG

スカートです。


泥で染められた昔の大島。。。大島は贅沢な普段着ですが、

大変手間のかかった素晴らしい素材です。


服にすれは通年着られて大変便利です。

特有の上品さは捨てがたいものがありますね。

CIMG4248.JPG

大島のエレガントさを強調するために

17〜8世紀のアンティークビーズを

あしらってみました。これも稀少なものです。


できあがりはショップ布舞にアップしました。どうぞご覧下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日もおかげ様でがんばれます。

m(__)m




↓こちらでは小物作品や生活日記のブログを書いております。

My diary and tiny handmade works:

乙女小箱.gif


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



posted by mie at 18:46| Comment(0) | 絹の服 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月10日

お直しもまた楽し

1007090716775.jpg

紫系ばかりの古い縮緬を市松はぎにしたスカート



先日このスカートをご購入くださったお客様から


スカート丈のお直しのご依頼をいただきました。


ブーツを履きたいので丈を少し詰めて欲しいとの事。


3cmほどの詰めでしたが、下のボーダーを詰めると


全体のバランスが崩れるので、時間はかかるけれども


一旦ウエストをほどいてから上部で詰めることに。


こんなメールのやりとりでのご相談も楽しかったです。


何より丈についてそこまでこだわって下さることへの感激。


縮緬のスカートからブーツが覗くととても可愛らしいのですが


そんなお洒落心に満ちた計算に心がウキウキしながら


針を進めました。

CIMG2361.JPG

直していると一枚一枚の布の思い出が蘇ってきます。


この布は20年前に骨董市で購入したっけ。


これはあの店で一目で気に入って。。。など。


どれもとても大切な布たちでした。


私はこの一連の縮緬パッチワークのスカートを


以前の記事にも書いたようにもう30年も作り続け


今もってその魅力に驚かされています。


もう着られなくなった縮緬の端布の美しさに魅せられ


なんとか着られるものに、と思いついて作り始めたスカート。


その頃は縮緬といえばお細工物で、スカートなどは恐れ多い


という時代でしたが、元々着るものであった布なので


着てやった方が布も喜ぶだろう、と思ったのです。


その意味では布への供養の気持ちもこもった作品です。


以外に強く長持ちします。


縫い代の始末や補強のステッチをかけるのが大変ですが


できあがると本当に嬉しいです。


一流ホテルでの会食などにもちっともひけをとらない気品。


さまざまな職人の手によって生み出された「縮緬」という


日本で最高級の絹織物だからこその魅力だと思います。


こんな美しいものを作る幸せへの感謝の気持ちで一杯です。


これもまた私自身が欲しい!と思った作品ですが


そんな気持ちが喜んでいただける作品作りの基本だと思います。


....................................

*古布リメイク作品はショップ布舞でお譲りもしています。

売約済みの場合には何卒お許し下さいませ。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日もおかげ様でがんばれます。

m(__)m



↓こちらでは小物作品や生活日記のブログを書いております。

My diary and tiny handmade works:

乙女小箱.gif


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・






posted by mie at 08:23| Comment(0) | 絹の服 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月07日

大島紬の服その4

0912101327341.jpg

龍卿、村山などの泥大島をはいだワンピースです。

0912101533798.jpg

ネックはちょっぴりカジュアルに。

紐の引き具合でニュアンスが変わります。

後ろは大胆な村山の柄が映えます。



0912100637399.jpg

こちらも同じくワンピースですが

ネックは大好きなソフトラインで首筋がきれいに見えます。


0917174042187.jpg

こちらは村山大島をフルに使ったフード付コート。

0917174148960.jpg

軽いのでさっとはおってとてもあたたかく

これから重宝します。

ブーツで闊歩するとかっこいいと思います。

CIMG2266.JPG

あえて三つボタンでお洒落っぽく。。。

ボタンには迷いました。

結局荒削りのけやきの手作りボタン。とてもすてき。


大島紬って本当に何を作っても自然な気品が出るのは


素晴らしいと思います。


というわけで今シーズンの大島紬作品のご紹介でした〜。

....................................

いつもお読みいただきありがとうございます。

*古布リメイク作品はショップ布舞でお譲りもしています。

売約済みの場合には何卒お許し下さいませ。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日もおかげ様でがんばれます。

m(__)m


↓こちらでは小物作品や生活日記のブログを書いております。

My diary and tiny handmade works:

乙女小箱.gif


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・












posted by mie at 20:31| Comment(0) | 絹の服 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月05日

大島紬の服その3

0922093802296.jpg

泥大島紬を色々はいでジャケットに。。。リバーシブルです。

0922094341119.jpg

0922094606266.jpg


でも本当の面白さはこちら」

0922094222768.jpg

大好きで長年大事にとっておいた羽裏を使用しました。


この羽裏にほれ込んでずっと眺めて幾年月。。。

0922093941449.jpg

ご来光がさす静かな海辺に一艘の船


そこにのっていらっしゃるお二人の福の神


恵比寿様は楽しげに鯛釣りの真っ最中


かたや大黒様はもの静かにご来光を眺めて


なにやら物思いにふけっておられます。


この布はかれこれ10年前に入手しましたが、


この図柄が好きで好きでたまらず


何にリメイクしようかとずっと悩んでいました。


タペストリーにすることも考えましたが、


縁あって今回ストックの泥大島をすべて


お洋服にリメイクしようと決断し、その一環で


お目見えしました〜〜。


泥大島の上品さと福の神様が実にマッチングで


大満足の作品です。


それにしても私の古布リメイクって


布をゲットしてから作品製作まで


一体何年かかるのでしょう。。。。(笑)


....................................

いつもお読みいただきありがとうございます。

*古布リメイク作品はショップ布舞でお譲りもしています。

売約済みの場合には何卒お許し下さいませ。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日もおかげ様でがんばれます。

m(__)m




↓こちらでは小物作品や生活日記のブログを書いております。

My diary and tiny handmade works:

乙女小箱.gif


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・







posted by mie at 20:45| Comment(0) | 絹の服 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月04日

大島紬の服その2

今日は藍大島について少し。


大島紬の中でも藍大島の服は一年中着用はできますが、


なんとなくすっきり、しゃっきりとしていて


爽やかな秋空にひときわ似合うと思うのは私だけでしょうか。


まだ夏の暑さの名残りの中にふと感じる秋の気配。。。


そんな折に手を通したい一枚。

0902153402343.jpg

ドレープをたっぷり入れたワンピースです。


0902154005752.jpg

衿は一見シンプルなボーカラーですが

例によってちょっといたずらしてみました。


09021538520.jpg

こんな風に結び方で色々変化します。

ひと結びすると薔薇のブローチをつけたようにも。。。

こんな工夫をするのが大好きです。


0822112002561.jpg

こちらは贅沢な藍大島づくしのパッチワークスカート。

味のある結城紬とコラボしてみました。


0822112232199.jpg

せっせと色々はぎましたよ〜


0822112153274.jpg

ポイントはこれ。

17〜18世紀のガラスビーズです。


裾とわきにあしらってみました。


深い藍色が藍大島と実に合います。


このスカートも一生ものですね。


0902152446281.jpg

こちらは大輪の花柄がどことなくオリエンタルなジャケット。


0902152907867.jpg

さっとはおるだけでサマになるのは布の力でしょうか。

上品でいて、実に小粋です。


0902153011962.jpg

シンプルな味わいのチュニックです。

丈はヒップがかくれる微妙なバランスに。


0902153318716.jpg

流線型の可愛いフラップをポイントにつけました。

実はこれ肩部分をカットした時に出た端布なんです。

捨てるにはしのびないのでデザインに活かしました。


リメイクって本当にやりがいがありますね。


それではまた。


....................................

いつもお読みいただきありがとうございます。

*古布リメイク作品はショップ布舞でお譲りもしています。

売約済みの場合には何卒お許し下さいませ。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日もおかげ様でがんばれます。

m(__)m



↓こちらでは小物作品や生活日記のブログを書いております。

My diary and tiny handmade works:

乙女小箱.gif


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・






posted by mie at 08:28| Comment(0) | 絹の服 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月03日

大島紬の服その1

長年古布の服を作ってきて 年月に洗われた


古い布の着心地の良さは言い尽くせません。


どの素材もそれぞれ着る人をリラックスさせ


一度袖を通せばとりこになります。


なかでも一つだけ選べと問われれば


まず「大島紬」と答えるでしょう。


何しろ軽い、品がある、着ていて満足感が一杯。


コート下に着ると薄いのにとても暖かです。


If I have to chose one as the most comfortable antique materials to wear ,

I would name "Ooshima Tsumugi" (silk dyed with special mud or natural indigo,

mainly hand woven, produced originally in Amami Ooshima, Kyushu.)

Those dyed with mud are called "Doro Ooshima" and dyed with

natural indigo are called "Ai Ooshima".

They are very light and smooth, comfortable to wear and elegant and warm.



というわけで今年の初秋は大島紬の服を色々展開してみました。


色々つないだワンピースできました〜。

1002234200139.jpg

背中に「花」の字をあしらってみました。

The applique on the back is old style kanji character "花"(hana=flower).

0929023824196.jpg

ピースはぎの縫い代の始末もちょっと大変ですが

丁寧にします。大島はほつれやすいので。

0929024305223.jpg

ポケットもありきたりでなくひと工夫しました。

高価な大島紬ですもの、魅力を最大に引き出したいです。



0929025640772.jpg

こちらはこれから大活躍のリバーシブルベスト

0929030251465.jpg

表は色んな泥染め大島をつなげて

裏は綿の大島と絹の縞紬です。


これも背中に秘密が。お金の模様のモスリンをアップリケ。

こんな工夫がちょっと楽しいのです。

着ていただく方にも楽しんでいただきたい。



0919110926470.jpg

ピンタックをポイントにしたワンピース。

色々な泥大島の集大成。はぐのが大変でした。

0919111020408.jpg

こちらのポケットも見えますか?かなり凝っています。

パッチワークで作りました。



ポケットふぇちというか(笑)


着物地をムダにしないため


直線的なデザインがどうしても多くなります。


またその方が布本来の美しさも引き出せる気がします。


そこで、魅力的なポケットがついていると楽しいし


全体のデザインもグンとランクアップします。


考えるの大変ですけどね(笑)



....................................

いつもお読みいただきありがとうございます。

*古布リメイク作品はショップ布舞でお譲りもしています。

売約済みの場合には何卒お許し下さいませ。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日もおかげ様でがんばれます。

m(__)m




↓こちらでは小物作品や生活日記のブログを書いております。

My diary and tiny handmade works:

乙女小箱.gif


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・











posted by mie at 08:00| Comment(0) | 絹の服 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月26日

古布 絽のブラウス

gdthumb_big.jpg


暑い夏でも涼しげな絽。。。


昔の人は一年中着物だったので、しのぎ難い夏の着物には


少しでも涼しく過ごそうという知恵が満載でした。


絽には優雅で見とれてしまうような綺麗な柄が一杯。


There are a lot of summer Kimono materials, of which


the following have typical elegant seethrough looks


that are comfortable for hot weather.


たとえば。。。


gdthumb_big.jpg

撫子は夏の着物では代表的な柄


89f4.jpg

流水に杜若 


こちらは縮緬地のゴージャスなもので絽縮緬といいます。


721e.jpg

朝顔。。。すてきな柄です。これも縮緬地の絽です。


The most popular designs in summer Kimono fabrics are


nadeshiko(Japanes pink), gold fishes, willows, seawaves,


irises, morning glories, etc.


6f58.jpg

こんな優雅な柄もあります。


gdthumb_big.jpg

金魚柄は近頃とても稀少。


そんな中でこんなにモダンで可愛い柄を見つけたので


ブラウスにしてみました。


花の丸紋という日本的な柄にクローバーという


西洋風のものが散っていていかにもレトロモダン。


絽を服にすると気になるのが透け感。。。


そこで胸元にもう一枚重ねてギャザーを入れたら


とても上品で涼しげな感じに。。。


ちょっとしたパーティや飲み会などにも向く一枚になりました。


gdthumb_big.jpg

....................................

いつもお読みいただきありがとうございます。

*古布リメイク作品はショップ布舞でお譲りもしています。

売約済みの場合には何卒お許し下さいませ。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日もおかげ様でがんばれます。

m(__)m




↓こちらでは小物作品や生活日記のブログを書いております。

My diary and tiny handmade works:

乙女小箱.gif


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・









posted by mie at 09:49| Comment(0) | 絹の服 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月28日

古い縮緬のスカート

縮緬のスカート1.jpg

⤴古い縮緬のスカート(chirimen silk skirt)


古い古い 80年以上もたった


縮緬ばかりを集めて作ったスカートです。


こんなスカートを80年代に作り始めて


もうベッドカバーが何枚もできるくらい


たくさん作ってご好評いただいてきました。


私も一枚愛用しています。


まだ布もしっかりしていて一生もののスカートです。


縮緬端布を小物に活かすのもいいですが


それを身にまとうと一層布が喜ぶような気がします。


だって本来纏うために織られた布なのですから。


縮緬のスカート2.jpg


じっと見ていると 夢二の時代や


戦前の貴重な絹が


さまざまな人に着られ 洗われ


長い時間と試練を経て


私の手元に集まった事が


なにか不思議な気がします。


This skirt I made with pieces of antique "chirimen silk"


makes me think about ancient life of Japan.


"chirimen" is the finest silk among all silks of


this country. Its surface is slightly rough


like "Crepe de Chine" in western countries,


but very soft to the touch and fits comfortably


to the body.


They were used only by rich people for special


occasions.


Each tiny piece of the skirt was from


kimonos which were worn and washed for


so many years, but as they


were handled very carefuly even after


almost 100 years we can find nowadays their fragments


or sleeves, or even kimono itself in many


antique shops.


....................................

いつもお読みいただきありがとうございます。

*古布リメイク作品はショップ布舞でお譲りもしています。

売約済みの場合には何卒お許し下さいませ。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日もおかげ様でがんばれます。

m(__)m




↓こちらでは小物作品や生活日記のブログを書いております。

My diary and tiny handmade works:

乙女小箱.gif


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・








posted by mie at 21:44| Comment(0) | 絹の服 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。