2014年10月05日

大島紬の服その3

0922093802296.jpg
泥大島紬を色々はいでジャケットに。。。リバーシブルです。
0922094341119.jpg
0922094606266.jpg

でも本当の面白さはこちら」
0922094222768.jpg
大好きで長年大事にとっておいた羽裏を使用しました。

この羽裏にほれ込んでずっと眺めて幾年月。。。
0922093941449.jpg
ご来光がさす静かな海辺に一艘の船

そこにのっていらっしゃるお二人の福の神

恵比寿様は楽しげに鯛釣りの真っ最中

かたや大黒様はもの静かにご来光を眺めて

なにやら物思いにふけっておられます。

この布はかれこれ10年前に入手しましたが、

この図柄が好きで好きでたまらず

何にリメイクしようかとずっと悩んでいました。

タペストリーにすることも考えましたが、

縁あって今回ストックの泥大島をすべて

お洋服にリメイクしようと決断し、その一環で

お目見えしました〜〜。

泥大島の上品さと福の神様が実にマッチングで

大満足の作品です。

それにしても私の古布リメイクって

布をゲットしてから作品製作まで

一体何年かかるのでしょう。。。。(笑)

....................................
いつもお読みいただきありがとうございます。
*古布リメイク作品はショップ布舞でお譲りもしています。
売約済みの場合には何卒お許し下さいませ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今日もおかげ様でがんばれます。
m(__)m
ランキング参加中です♪応援よろしくお願いします。
Click here for the ranking↓Thanks!

にほんブログ村


↓こちらでは小物作品や生活日記のブログを書いております。
My diary and tiny handmade works:
乙女小箱.gif


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・






posted by mie at 20:45| Comment(0) | 絹の服 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月04日

大島紬の服その2

今日は藍大島について少し。

大島紬の中でも藍大島の服は一年中着用はできますが、

なんとなくすっきり、しゃっきりとしていて

爽やかな秋空にひときわ似合うと思うのは私だけでしょうか。

まだ夏の暑さの名残りの中にふと感じる秋の気配。。。

そんな折に手を通したい一枚。
0902153402343.jpg
ドレープをたっぷり入れたワンピースです。

0902154005752.jpg
衿は一見シンプルなボーカラーですが
例によってちょっといたずらしてみました。

09021538520.jpg
こんな風に結び方で色々変化します。
ひと結びすると薔薇のブローチをつけたようにも。。。
こんな工夫をするのが大好きです。

0822112002561.jpg
こちらは贅沢な藍大島づくしのパッチワークスカート。
味のある結城紬とコラボしてみました。

0822112232199.jpg
せっせと色々はぎましたよ〜

0822112153274.jpg
ポイントはこれ。
17〜18世紀のガラスビーズです。

裾とわきにあしらってみました。

深い藍色が藍大島と実に合います。

このスカートも一生ものですね。

0902152446281.jpg
こちらは大輪の花柄がどことなくオリエンタルなジャケット。

0902152907867.jpg
さっとはおるだけでサマになるのは布の力でしょうか。
上品でいて、実に小粋です。

0902153011962.jpg
シンプルな味わいのチュニックです。
丈はヒップがかくれる微妙なバランスに。

0902153318716.jpg
流線型の可愛いフラップをポイントにつけました。
実はこれ肩部分をカットした時に出た端布なんです。
捨てるにはしのびないのでデザインに活かしました。

リメイクって本当にやりがいがありますね。

それではまた。

....................................
いつもお読みいただきありがとうございます。
*古布リメイク作品はショップ布舞でお譲りもしています。
売約済みの場合には何卒お許し下さいませ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今日もおかげ様でがんばれます。
m(__)m
ランキング参加中です♪応援よろしくお願いします。
Click here for the ranking↓Thanks!

にほんブログ村


↓こちらでは小物作品や生活日記のブログを書いております。
My diary and tiny handmade works:
乙女小箱.gif


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





posted by mie at 08:28| Comment(0) | 絹の服 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月03日

大島紬の服その1

長年古布の服を作ってきて 年月に洗われた

古い布の着心地の良さは言い尽くせません。

どの素材もそれぞれ着る人をリラックスさせ

一度袖を通せばとりこになります。

なかでも一つだけ選べと問われれば

まず「大島紬」と答えるでしょう。

何しろ軽い、品がある、着ていて満足感が一杯。

コート下に着ると薄いのにとても暖かです。

If I have to chose one as the most comfortable antique materials to wear ,
I would name "Ooshima Tsumugi" (silk dyed with special mud or natural indigo,
mainly hand woven, produced originally in Amami Ooshima, Kyushu.)
Those dyed with mud are called "Doro Ooshima" and dyed with
natural indigo are called "Ai Ooshima".
They are very light and smooth, comfortable to wear and elegant and warm.


というわけで今年の初秋は大島紬の服を色々展開してみました。

色々つないだワンピースできました〜。
1002234200139.jpg

背中に「花」の字をあしらってみました。
The applique on the back is old style kanji character "花"(hana=flower).
0929023824196.jpg

ピースはぎの縫い代の始末もちょっと大変ですが
丁寧にします。大島はほつれやすいので。
0929024305223.jpg

ポケットもありきたりでなくひと工夫しました。
高価な大島紬ですもの、魅力を最大に引き出したいです。


0929025640772.jpg

こちらはこれから大活躍のリバーシブルベスト
0929030251465.jpg

表は色んな泥染め大島をつなげて
裏は綿の大島と絹の縞紬です。

これも背中に秘密が。お金の模様のモスリンをアップリケ。
こんな工夫がちょっと楽しいのです。
着ていただく方にも楽しんでいただきたい。


0919110926470.jpg

ピンタックをポイントにしたワンピース。
色々な泥大島の集大成。はぐのが大変でした。
0919111020408.jpg

こちらのポケットも見えますか?かなり凝っています。
パッチワークで作りました。


ポケットふぇちというか(笑)

着物地をムダにしないため

直線的なデザインがどうしても多くなります。

またその方が布本来の美しさも引き出せる気がします。

そこで、魅力的なポケットがついていると楽しいし

全体のデザインもグンとランクアップします。

考えるの大変ですけどね(笑)


....................................
いつもお読みいただきありがとうございます。
*古布リメイク作品はショップ布舞でお譲りもしています。
売約済みの場合には何卒お許し下さいませ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今日もおかげ様でがんばれます。
m(__)m
ランキング参加中です♪応援よろしくお願いします。
Click here for the ranking↓Thanks!

にほんブログ村


↓こちらでは小物作品や生活日記のブログを書いております。
My diary and tiny handmade works:
乙女小箱.gif


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・










posted by mie at 08:00| Comment(0) | 絹の服 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月15日

古布遊びのスカート

0804105820428.jpg
さまざまな絣や縞木綿を集めて遊んだスカートです。
A skirt made from old handwoven indigo fabrics.

久しぶりの更新です。
今年の夏の作品です↑ けっこう良い物できました〜。

I was thinking about using so many tiny fragments
left from my handmade life for so many years.
I couldn't throw them away, it's very "mottainai"!
長い事古布で制作していると小さな端布がたくさんたまります。
なんとか活かして服にしたいとやってみました。
0804112020415.jpg

Actually, I was playing with those fragments(ww)
It was a lot of fun!
ただつなぐだけでは芸がありませんので色々工夫です。
0804111817297.jpg

想像力を働かせて小布をはさんでみたり、刺し子を入れてみたり。
0804111724533.jpg

これでもかと(笑)
0804105929524.jpg

Those indigo fabrics were mainly used for farmer's
working wear or student's kimono in old Japan.
絣の服ってけっこうのどか(?)になりがちで
むしろそういうのも大好きなのですが。。。

都会に住んでいる身としては、街の風景にも合うような服を心がけています。

昔の野良着や書生さんの着物の端布がおしゃれ着になるというのは
とても良い気分です♪

どこからでもはける便利スカートです。
0804111444821.jpg

本当にどこにも無い一枚ができました〜。

....................................
いつもお読みいただきありがとうございます。
*古布リメイク作品はショップ布舞でお譲りもしています。
売約済みの場合には何卒お許し下さいませ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今日もおかげ様でがんばれます。
m(__)m
ランキング参加中です♪応援よろしくお願いします。
Click here for the ranking↓Thanks!

にほんブログ村


↓こちらでは小物作品や生活日記のブログを書いております。
My diary and tiny handmade works:
乙女小箱.gif


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・











posted by mie at 08:41| Comment(0) | 藍の服 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月19日

古布の服・幟旗・柿渋染め・刺し子「錘馗様の足」

1226124025681.jpg
古い幟を柿渋で染めて刺し子をした服です♪


実に巨大な旗でした。

これなんの柄だと思います?

ちょっと目には抽象画なんですが

錘馗様のオミアシ部分なんです。

足のところだけでも服一枚分ww

何メートルあったかな?

染めるときは大変な騒ぎでしたが

何回か繰り返して

なんとか染める事ができました。

夏の日差しにあて 風にさらし

長い間ねかせて良い色になったところで水洗い。

しゃっきりとした庄内縞木綿と合わせ

刺し子を丁寧にして完成。

刺し子といっても幟旗に刺すのは

とってもハードでして

なにしろ布が堅いですから

柿渋をかけると尚堅くなります。

指が痛くてたまりませんが

持病で痺れる手のリハビリだと思って

長い時間をかけてできた服です〜

できた時は嬉しかった〜〜
0414084921624.jpg

悪運を踏み潰す錘馗様の足

これをまとって

のっしのっしと歩きたいものです〜♪

襟も自由に遊べるようにしました。
0414084729127.jpg

服を作るとき

着る方も遊んでもらえるような

そんなデザインをいつも考えています。

(こちらのお品は売約済みです。

お買い上げ誠にありがとうございました。)

m(__)m

....................................
いつもお読みいただきありがとうございます。
*古布リメイク作品はショップ布舞でお譲りもしています。
売約済みの場合には何卒お許し下さいませ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今日もおかげ様でがんばれます。
m(__)m
ランキング参加中です♪応援よろしくお願いします。
Click here for the ranking↓Thanks!

にほんブログ村


↓こちらでは小物作品や生活日記のブログを書いております。
My diary and tiny handmade works:
乙女小箱.gif


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





posted by mie at 07:42| Comment(2) | TrackBack(0) | 柿渋染めの服 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

古布ブローチ

0409083920973.jpg
古布で作ったブローチです。

江戸時代の遊女の柄の羽二重と

明治の古い古い金糸織りの丸帯を組み合わせました。

ポイントに大き目のアンティークビーズ下げました。

裏は粉雪のような縮緬です。0409084007630.jpg

このブローチ なんだか泥大島と合うような気がします。

なので目下大島の服をデザイン中です。

順序が逆ですね(笑)

でもブローチに合わせた服というのが

あってもいいかもね。

実現しないかも知れませんが。。。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今日もお読みいただきありがとうございました。m(__)m

*古布リメイク作品はショップ布舞でお譲りもしています。
売約済みの場合には何卒お許し下さいませ。

....................................
いつもお読みいただきありがとうございます。
*古布リメイク作品はショップ布舞でお譲りもしています。
売約済みの場合には何卒お許し下さいませ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今日もおかげ様でがんばれます。
m(__)m
ランキング参加中です♪応援よろしくお願いします。
Click here for the ranking↓Thanks!

にほんブログ村


↓こちらでは小物作品や生活日記のブログを書いております。
My diary and tiny handmade works:
乙女小箱.gif


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・








posted by mie at 07:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 古布のアクセサリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月26日

古布 絽のブラウス

gdthumb_big.jpg

暑い夏でも涼しげな絽。。。

昔の人は一年中着物だったので、しのぎ難い夏の着物には

少しでも涼しく過ごそうという知恵が満載でした。

絽には優雅で見とれてしまうような綺麗な柄が一杯。

There are a lot of summer Kimono materials, of which

the following have typical elegant seethrough looks

that are comfortable for hot weather.

たとえば。。。

gdthumb_big.jpg
撫子は夏の着物では代表的な柄

89f4.jpg
流水に杜若 

こちらは縮緬地のゴージャスなもので絽縮緬といいます。

721e.jpg
朝顔。。。すてきな柄です。これも縮緬地の絽です。

The most popular designs in summer Kimono fabrics are

nadeshiko(Japanes pink), gold fishes, willows, seawaves,

irises, morning glories, etc.

6f58.jpg
こんな優雅な柄もあります。

gdthumb_big.jpg
金魚柄は近頃とても稀少。

そんな中でこんなにモダンで可愛い柄を見つけたので

ブラウスにしてみました。

花の丸紋という日本的な柄にクローバーという

西洋風のものが散っていていかにもレトロモダン。

絽を服にすると気になるのが透け感。。。

そこで胸元にもう一枚重ねてギャザーを入れたら

とても上品で涼しげな感じに。。。

ちょっとしたパーティや飲み会などにも向く一枚になりました。

gdthumb_big.jpg
....................................
いつもお読みいただきありがとうございます。
*古布リメイク作品はショップ布舞でお譲りもしています。
売約済みの場合には何卒お許し下さいませ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今日もおかげ様でがんばれます。
m(__)m
ランキング参加中です♪応援よろしくお願いします。
Click here for the ranking↓Thanks!

にほんブログ村


↓こちらでは小物作品や生活日記のブログを書いております。
My diary and tiny handmade works:
乙女小箱.gif


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・








posted by mie at 09:49| Comment(0) | 絹の服 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月27日

柿渋染めのチュニック

a446.jpg

夏の声を聞くと真っ先にやりたくなるのが柿渋染め。。。

抗菌防臭効果もあり古布に特有の味わいをプラスしてくれます。

太陽の光に何日もさらします。 光は強いほどいいのです。

ときには雨がふってもわざとそのままにしておきます。

そして水洗いしてまた染める、を繰り返します。

何日も ときには何ヶ月もかかる作業。。。

こうして染まった布でできたのがこのチュニック

It's almost summer and it's time for dyeing with
persimmon tannin (kakishibu).
With strong antiseptic and astringent effects it makes
old fabrics stronger and refreshing taste.
This will be really good materials for making summer wear!

1b57.jpg
後ろ身頃

This tunic dress was made from old samurai crest flag
(kamon)which was dyed with persimmon tannin and after being left
under strong sunshine for many days, the fabric will get a
nice brownish shade.

1d63.jpg
衿は思い切り大きく

紐を引くとまた雰囲気が変わります。

1d2a.jpg
紐先につけたのはアフリカ「ドゴン族」のビーズ

The nice blue beads at the collar strings are from my collection
box, which were made by 17~18th century's african tribe "Dogon".

瑠璃色がなんとも言えない

17〜8世紀のもの。

なんとなんと和布にぴったりとは。

そういえばこのチュニック自体

古い家紋の幟旗と絞り染めの布なのに

どこか地中海っぽい!

どこまでものけぞるような青い空のもと

ギリシャかトルコだかの

白い海岸を散歩したくなりました。。。

....................................
いつもお読みいただきありがとうございます。
*古布リメイク作品はショップ布舞でお譲りもしています。
売約済みの場合には何卒お許し下さいませ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今日もおかげ様でがんばれます。
m(__)m
ランキング参加中です♪応援よろしくお願いします。
Click here for the ranking↓Thanks!

にほんブログ村


↓こちらでは小物作品や生活日記のブログを書いております。
My diary and tiny handmade works:
乙女小箱.gif


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・









posted by mie at 11:27| Comment(0) | 柿渋染めの服 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月06日

小粋なイヤリング

*和紙とのコラボで

gdthumb_big.jpg
こんなイヤリングはいかがでしょうか。

古い大正時代の帯地に文字散らしの和紙を組み合わせました。
和紙には樹脂をコーティングしているので雨の日でも大丈夫♪

樹脂を塗る時に銀粉を散らしてより優雅な味わいを出しています。

絣の服や大島などの古布の服にはもちろんジーンズなどにも。。。
ちょっと小粋な装いになります。

ビーズは17〜8世紀のベネチアンで凝ってみました。

....................................
いつもお読みいただきありがとうございます。
*古布リメイク作品はショップ布舞でお譲りもしています。
売約済みの場合には何卒お許し下さいませ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今日もおかげ様でがんばれます。
m(__)m
ランキング参加中です♪応援よろしくお願いします。
Click here for the ranking↓Thanks!

にほんブログ村


↓こちらでは小物作品や生活日記のブログを書いております。
My diary and tiny handmade works:
乙女小箱.gif


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





posted by mie at 12:24| 古布のアクセサリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月28日

幟旗のワンピース

古い手描きの幟旗を柿渋で染めて やはり古い縞木綿と合わせました。
A dress made from old samurai flag "nobori" which was dyed
with persimmon tannin to make the old cloth stronger and
hard.
After the dyeing it gets a nice brownish shade.

Cam_6185.jpg
ポケットなどのデイテールにもこだわっています。

こんな遊びの心が古布の服作りで一番

楽しい部分ですね。
Cam_6152.jpg

Cam_6154.jpg

Cam_6150.jpg

Cam_6153.jpg

Cam_6158.jpg

....................................
いつもお読みいただきありがとうございます。
*古布リメイク作品はショップ布舞でお譲りもしています。
売約済みの場合には何卒お許し下さいませ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今日もおかげ様でがんばれます。
m(__)m
ランキング参加中です♪応援よろしくお願いします。
Click here for the ranking↓Thanks!

にほんブログ村


↓こちらでは小物作品や生活日記のブログを書いております。
My diary and tiny handmade works:
乙女小箱.gif


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





posted by mie at 16:21| Comment(0) | 幟旗の服 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする